ウィルス性のイボは窒素治療をしてもなおらないのか?

ウイルス性のイボとは?

イボの種類

イボには大きく分けて、ウイルス性非ウイルス性に分けることができます。
ウイルスはHPVが感染するもので、他の人から移ったり自分の他の皮膚にも移るものです。
一方で非ウイルス性となるものは加齢による原因のため伝染性はありません。

 

老人性いぼ

 

スキンタッグ

イボにかからない人がいるのは?

ウイルス性のイボでも移りやすい人もいれば、一生のうち1度もかからない人もいます。
その違いは一種の免疫力の違いで、通常は皮膚の上にウイルスが付いただけでは安易に感染しません。
元々皮膚のバリア機能が落ちていたり、傷口があってそこから入り込み感染することになります。
そのため人によってもウイルス性のイボに感染しやすい人がいるわけです。
特に何らかの理由で免疫力が低下していたり、アトピー性皮膚炎などバリアが薄く傷などもできている場合は感染しやすいといえます。

 

ウイルス性のイボの種類

また、ウイルス性の原因となるHPVには約60種類もあるといわれています。
ウイルスの種類によって症状が異なったり、発生しやすい場所も違ってきます。

 

どのウイルスが原因かは病院で検査をすればわかり、それに対応した治療を選択します。
なかにはあまり大きくならず、本人もイボだと気が付いていないほど小さいものもあります。
イボは痛みが出たり、大きくなって初めて問題とされています。

関連サイト集

http://xn--n8j1fq18g3op2m0b.com/・・・病院に行くほどでもない、病院に行ってもまたすぐにポツポツが出来てしまう、そんな方にの為の首ケア化粧品を調査したのでレポートします。
http://xn--nckgzzu00a.com/・・・スキンタッグで悩んでいる方に向けての情報サイトです。どうしてできてしまうのか?どういう対処法があるのかなどをわかりやすく説明しています。スキンタッグのないキレイなお肌を目指しましょう!